2014年03月:合宿企画

先日の合宿で実施した企画の問題(PDFファイル)を公開しました。

今回は参加者同士で問題を出し合うというルールだったので、企画者が全く問い読みをしない一方、進行状況の全貌を把握するのが難しいという特性がありました。まァ、折角2部屋あるので(而も大きいほうの部屋は2つに分けられるので)、こういったやり方が可能だな…と思ってやってみたというだけの話です。
コレの1週間前に例会企画を実施して約300問を消費したのですが、いったい何処にそんな制作時間があったのやら…。



2013年度企画:https://drive.google.com/folderview?id=0B12bMpqFdsk1N3FNczNRYUNkVUE&usp=sharing
公開している問題について:http://doctor-asagiri.net/blog-entry-17.html

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

メイルフォーム

@gmail.com から返信するので受信設定をご確認ください。
プロフィール

朝霧達哉(博士)

Author:朝霧達哉(博士)
直球から変化球まで、気が向いた文章で作問するスタイル

検索フォーム
リンク