2011年度企画 (3)

前々回前回に引き続き、2011年3月企画からの抜粋(最後)です。
あぁ、博士の活動にはクリスマスもイヴも関係無かとです(笑)

3回に渡って公開したのは、修士課程時代最後の合宿企画で、この直後に1回倒れました←マジ
その後、無事(?)オープン大会に携われたのでまだマシでしたが…。
大会といえば、会の公式Googleドライブのほうに自分の企画のPDFファイルが上がっているので、そちらもご覧ください→ https://docs.google.com/folder/d/0B83ti8cYmn6bSDl1UlhIbTdxT00/edit?usp=sharing

(21) 日本で唯一、市町村単位で都道府県を跨ぐ飛地である北山村は、どの都道府県に属しているでしょう?和歌山県
(22) サッカーは1チーム11人で構成されますが、そのうち試合中に手でボールを触ることができるのは何人居るでしょう?11人
(23) 国連方式で世界の国名をアルファベット順に並べると最後に来る、猛烈なインフレーションにより100兆ドル紙幣が発行されたことでも知られるのは何処でしょう?ジンバブエ共和国
(24) 海に捨てられた網等が、劣化せず長期間に渡って水中で生物に危害を及ぼすことを“何漁業”と言うでしょう?幽霊漁業
(25) 盲導犬候補の仔犬を約10ヶ月間に渡って躾,教育をするボランティアのことを何と言うでしょう?パピーウォーカー
(26) シュレディンガーの猫や大事に育てられている娘が入れられるのは、いずれもどんな物体でしょう?
(27) 英語では“ハーキュリーズ”、フランス語では“エルキュール”、イタリア語では“エルコレ”と呼ばれる、カブトムシの名前にも名を残すギリシャ神話の英雄は誰でしょう?ヘラクレス
(28) 歌手のザ=ピーナッツやFLIP-FLAP,タレントのマナカナ,お笑いコンビのザ=たっち,長寿で話題となったきんさんぎんさんの共通点は何でしょう?双子
(29) 台湾総督や陸軍大臣を務めたこともある政治家で、西園寺公望と交互に内閣総理大臣を担当したことでも知られるのは誰でしょう?桂太郎
(30) 手塚治虫(てづかおさむ)の漫画の主人公で、高い料金を代償に様々な難病を治療する天才無免許医師は誰でしょう?ブラック=ジャック


公開している問題について:http://doctor-asagiri.net/blog-entry-17.html

2011年度企画 (2)

前回に引き続き、2011年の企画から適当に抜粋して晒していきます。

(11) 鯨の肉が入手困難になってからは豚や鴨の肉が代用されることが多い、水菜の触感を表現した名前で親しまれる鍋料理は何でしょう?はりはり鍋
(12) 長期間に渡って投与されると爪にオールドリッジ=ミーズ線と呼ばれる独特の白い線が生じる、生物に対する毒性の強い、原子番号33番の元素は何でしょう?砒素
(13) 1936年に着工、1941年7月に貫通した世界初の海底トンネルで、現在でも九州と本州を結ぶ輸送路として活用されているのは何でしょう?関門鉄道トンネル
(14) 不精で不潔なことの代名詞となっている言葉で、蒲団を畳まずにいつも敷いたままであることを何と言うでしょう?万年床
(15) 真家(まいえ)ひろみ,飯野(いいの)おさみ,中谷良(なかたにりょう),青井輝彦(あおいてるひこ)の4人で構成されたアイドルユニットで、ジャニーズ事務所から最初にデビューしたのは何でしょう?ジャニーズ
(16) サラダやハンバーガー等に利用されるキク科の野菜はレタスですが、紀元前6世紀頃の哲学者で、“川で態と躓く驢馬”の逸話で知られるのは誰でしょう?タレス
(17) “男女間の物理的な距離が近いほど、心理的な距離は狭まる”という法則を、発見したアメリカの心理学者の名前から何と言うでしょう?ボッサードの法則
(18) 武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)や志賀直哉(しがなおや)を中心として創刊された、個性主義や自由主義を基調とした同人誌で、関東大震災の影響での廃刊まで全160号が発刊されたのは何でしょう?『白樺(しらかば)』
(19) 色とりどりの花が咲き乱れる様子を、2つの色と2つの漢数字を用いた四字熟語で何と言うでしょう?千紫万紅(せんしばんこう)
(20) 戦後のGHQによる改革の際、“封建的思想や野蛮な考え方もある”という理由で禁止にされそうにもなった、合計40枚の駒を使い、相手の王将を詰ませることを目的とする知的競技は何でしょう?将棋


公開している問題について:http://doctor-asagiri.net/blog-entry-17.html

ブロとも申請フォーム

メイルフォーム

@gmail.com から返信するので受信設定をご確認ください。
プロフィール

朝霧達哉(博士)

Author:朝霧達哉(博士)
直球から変化球まで、気が向いた文章で作問するスタイル

検索フォーム
リンク